home
HOME > MAINTENANCE
1.基本テクニック
2.ソファーを長持ちさせる方法
3.メンテナンスの注意
4.普段のお手入れ
5.お手入れのサインは?
お問い合せ

1.基本テクニック

汚れた時は、クリーニングと保革で革本来の美しさを取り戻しましょう

 
01.
クリーナーをよく振り混ぜ、スポンジに十分つけます。
この状態でスポンジをよく揉むと泡立ちはじめます。
この泡が革表面の毛穴やシボに入り込んだ汚れを浮き上がらせるのです。
02.
泡立てたスポンジで円を描くように、革表面を優しく
クリーニングします。
革の毛穴の中に入り込んだ汚れを洗い出していきます。
03.
浮かび上がった汚れを清潔な柔らかい布でふき取り、
自然乾燥させます。
革が乾いても汚れが見える時は作業を繰り返して
お手入れ下さい。
04.
革が完全に乾いてからプロテクションクリームを
附属のクロスに取り全体に散布します。
その後、自然乾燥させます。

これだけの作業で、革の質感が戻ります。
さらに、汚れから守ることができます。

Copyright(c)2007 REALSIGN All Rights Reserved.